エストロゲンとは、卵巣から分泌され、年齢とともに減少する成分です。いわゆる、女性ホルモンと呼ばれているものの一種です。

そんなエストロゲンが減少すると外見的な女性らしさも減っていきます。いつまでも女性らしくあるために、また精神的な安定化や健康を維持するために、エストロゲンを維持する意識は持っていた方が良いでしょう。

エストロゲンはサプリメントで増やせるの?

エストロゲンは女性ホルモンの一種です。女性ホルモンというと体内で自然に分泌されるものなので、エストロゲンそのものをサプリメントから補うことは難しいです。

しかし、エストロゲンの働きを活発化させたり、似たような働きを行なったりする成分があります。エストロゲンに作用する成分をサプリメントから補うことで活動を活発化させ、減少しつつあるエストロゲンを取り戻すことが出来るのです。

そのため、サプリメントから直接エストロゲンを補うことは出来ませんが、エストロゲンを増やしやすい体質にすることは十分に可能です。

エストロゲンの働きを増やす おすすめの人気市販サプリメント

エストロゲンを活性化するサプリは近年どんどん増えています。
美容に興味のある方はもちろん、健康が気になる方、更年期の症状をやわらげたい方にもおすすめです。ここでは特に人気の市販サプリをご紹介いたします。

キッコーマンの基本のサプリ

キッコーマンといえば、醤油などの調味料でよく知られています。
醤油は大豆から作られているということで、大豆を研究しつくした会社が発売したサプリが、基本のサプリです。
長年大豆の研究をしてきたキッコーマンのサプリなので、安心して服用できるでしょう。

イソフラボン以外にもポリフェノールや葉酸、ビタミンEなど女性に必要な成分がたっぷりと含まれていますし、イソフラボンの効果をアップするアグリコンも配合されています。効果と安全性を重視したい人におススメの市販サプリです。

基本のサプリを試してみる

エクオール+ラクトビオン酸

エクオール+ラクトビオン酸は、女性向け雑誌でも見かけるほど人気の高い市販のサプリです。
エクオールは大豆イソフラボンの代謝物で、大豆イソフラボンそのものよりも高い効果を実感できると評判の成分です。

また、エクオールは体内で作ることが難しい成分なので、サプリなどから直接摂取をすると、女性ホルモンの活性化に役立ちます。

エクオール+ラクトビオン酸はエクオールだけではなく、エクオールの効果を高めるラクトビオン酸も含まれているので、ダブルの効果で威力を発揮してくれるでしょう。

若干コストの高さが気になりますが、効果を重視したいという人におすすめの市販サプリです。

エクオール+ラクトビオン酸を試してみる

大塚製薬 エクエル

エクエルは大豆を乳酸菌で発酵させたサプリです。

大手メーカーである大塚製薬から販売されているサプリということで購入しやすいと言う人も多いでしょう。
大塚製薬独自の製法で開発されたサプリなので、一粒に成分が凝縮されています。
価格も比較的安く、続けやすいのも人気の秘密です。

オレンジ風味のジュレタイプの製品も発売されたので、錠剤を飲むのが苦手と言う方や、おやつ感覚で続けたいと言う方にはジュレタイプをおすすめします。

エクエルの詳細はこちら

小林製薬の栄養補助食品 エクオール

小林製薬のエクオールは、発酵大豆イソフラボンが含まれたサプリです。
イソフラボン以外にもプラックコホシュ、ヘステペリゼン、テアニンなどの成分が含まれていて、特に40代以上の方の健康をサポートする効果が高とされています。

女性ホルモン系サプリは価格が高いものも多いですが、エクオールは一日1粒、一日辺りのコスト60円と驚くほどの低価格です。そのため、はじめてエストロゲン系のサプリを飲むと言う人や、あまり高価なサプリは続けられないという人におすすめです。

価格はとても安いサプリですが、成分も十分含まれているので、エクオールの効果を十分に実感できるはずです。

小林製薬のエクオールはこちら

自分にあったエストロゲンサプリを

エストロゲンそのものを補うことが出来るサプリはありませんが、エストロゲンを増やす、効果を高める、活性化などが期待できるサプリは沢山あります。

サプリは人によって効果が違いますし、同時に摂取できる成分も変わってきます。自分がどんな目的でエストロゲンの効果を高めたいのかを考えながら、女性ホルモン系のサプリを選びましょう。

自分にあったエストロゲン増加サプリを見つけることが出来れば、女性らしさを維持できるだけではなく、将来的な健康維持、更年期症状の緩和やホルモンバランスの安定化にもつながるはずです。

 

エストロゲンを増やしたい!そんな時に効果的な4つの成分

エストロゲンに効果的な成分はいくつかあります。

それぞれ違った作用があるので、自分の好みや用途に合わせて選ぶようにしましょう。人によってサプリメントの相性も違いますし、女性ホルモンを活性化させる以外にもさまざまな効果を期待することが出来ます。

ビタミンE

ビタミンEは、エストロゲンを活性化する効果が見込める成分です。

脂溶性ビタミンの一種で、抗酸化作用が高いことでも知られています。アンチエイジング効果が高いということで、美容のためにサプリメントから摂取している人も多いでしょう。

肩こり改善、冷え性緩和、動脈硬化や高血圧予防にも効果が期待できる成分です。

卵巣に働きかけることでエストロゲンの分泌をコントロールしてくれるので、女性ホルモンの分泌を促す効果も期待できるでしょう。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをする成分です。

イソフラボンが女性ホルモンに近い、というのはとても有名な話なので、聞いたことがあるという人も多いでしょう。

数あるイソフラボンの中でも、特に大豆イソフラボンは女性ホルモンに近い働きをします。イソフラボンを摂取することで、ホルモンバランスを整えたり、生理不順の解消や美肌効果、バストアップ効果を期待できるのです。

大豆イソフラボンは豆腐や納豆や豆乳といった大豆製品からも摂取することが出来ますが、サプリメントのほうが毎日欠かさず摂取しやすいのでおすすめです。

亜鉛

亜鉛は必須ミネラルの一種です。
人は生成することが出来ない成分なので、食事などから補う必要があります。

亜鉛を取ることで、新陳代謝の活性化やエネルギー代謝の促進、抗酸化作用やアンチエイジング効果が見込めるでしょう。

また亜鉛は生殖機能や免疫反応を維持増進する効果も期待できるので、女性ホルモンにも効果的です。女性ホルモンの活性化というわけではなく、亜鉛は女性が不足しやすい成分なので、積極的に摂取していきたいところです。

レバーや牡蠣などから摂取することが出来ますが、体内に吸収しにくい成分なので、サプリメントからの摂取のほうが効率的です。

ビタミンB群

ビタミンB群はエストロゲンの代謝を促進する成分です。
さまざまな種類があるビタミンB群の中には、ナイアシン、葉酸、パントテン酸などの呼び名が付いているものもあります。それぞれの成分が補い合い、脳、神経、皮膚などの健康維持に役立っています。
人を健康的に保つために欠かせない成分と言って良いでしょう。

ビタミンB群は、疲労回復、貧血予防、血糖値抑制などさまざまな効果が期待できます。また、エストロゲン代謝促進効果も見込めるので、女性は特に意識をして取りたい成分です。

ビタミンB群は取りすぎた場合は体外に排出されてしまうので、定期的な摂取が不可欠です。毎日欠かさず適量を取るためには、やはりサプリメントが一番でしょう。